女性の薄毛とは

女性
女性の薄毛とは
~女性の薄毛について~

髪は女の命ー。
女性のみならず、男性でも一度は聞いたことがある言葉のはず。女性の魅力を引き立てる条件の1つに「髪が綺麗なこと」をあげる方は多いです。しかしその髪も、からだと同じように衰えていきます。ハリやコシが失われる、白髪など、女性にとっては悲しい髪の変化は誰にでも起こりえます。

こういった髪の変化を感じやすくなるのが40代前後と言われ、このタイミングで薄毛や抜け毛に悩む女性も増えていく傾向にあります。女性の薄毛を起こす原因は1つではなく、ストレスやホルモンバランス、睡眠不足などが重なり合って起こります。原因によって薄毛の治療方法は異なりますが、気になったときは1人で悩まず専門医へご相談することをお勧めします。

薄毛や抜け毛といえば男性のイメージが強く、女性には縁がないことのように思われがちです。しかし女性で薄毛に悩む方は増えてきています。

意外かもしれませんが10人に1人は薄毛に悩んでいるとも言われ、全国には推計600万人以上の女性の薄毛患者さんがいます。40代前後で薄毛に悩む方が増えていく傾向にはありますが、10代や20代でも薄毛に悩む方はいます。

年代別でみる女性の薄毛の割合
10代
7%
20代
12.6%
30代
20.2%
40代
24.2%
50代
31.6%
60代
44.0%

10代から髪のトラブルに直面している女性もおり、年齢を問わないことは女性の薄毛の特徴と言えるでしょう。

男性の薄毛の90%以上はAGA(男性型脱毛症)と考えられています。対して女性の場合、薄毛といっても種類がさまざまあります。男性と似た症状にはびまん性脱毛症(FAGAや休止期脱毛症)と呼ばれるものもありますが、原因や症状などは異なってきます。女性の薄毛は症状に合わせた治療が必要になるので、気になりだしたらまずは専門医のカウンセリングを受けることをお勧めします。

女性の薄毛の種類

女性の薄毛の種類

女性の薄毛と一口に言っても、その種類はさまざまです。

まずはご自身がどのタイプかを把握することが、薄毛治療のスタートラインになります。

髪が全体的に薄くなるびまん性脱毛症

びまん性脱毛症は女性の薄毛の中でもっとも多いとされます。「びまん」とは一面に広がることを意味し、頭皮が全体的に薄くなっていくのが特徴です。

40代以降に多いと言われていますが、最近では20代、30代の若い世代でも発症する方が増えてきています。また「FAGA(女性男性型脱毛症)」や「休止期脱毛症」なども、びまん性脱毛症の1つの症状となってます。

誰でも発症する可能性がある円形脱毛症

円形脱毛症は文字とおり頭皮に「円形」や「だ円形」の脱毛が起こります。イメージは10円ハゲかも知れませんが、頭全体に広がることや1ヶ所だけでなく複数箇所に脱毛が見られることもあります。

女性は髪の長い人が多い傾向にあります。長い髪で隠れてしまい、脱毛箇所になかなか気付かないことも多いです。もし急に抜け毛が増えたのであれば、注意深く頭皮をチェックしてみるのも1つです。

髪の毛に負担がかかることで起こる牽引性・圧迫性脱毛症

牽引(けんいん)性脱毛症は、髪が長い人に多い脱毛症になります。文字とおり、髪が引っ張られることで起こります。

  • ポニーテール
  • エクステ
  • 三つ編み
  • お団子

など

常に同じ方向に髪が引っ張られるヘアスタイルによって本来抜けるはずのない髪が抜け落ち、薄毛によって地肌が目立つようになります。

また圧迫性脱毛症も文字とおり、頭皮に負担をかけることで抜け毛や薄毛になりやすくなります。「カツラ」や「帽子」、「ヘルメット」などを長時間かぶっていると頭皮を圧迫し血流が悪くなることで起こりやすくなります。

出産後に抜け毛が増える分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は、産後に薄毛や抜け毛が起こる脱毛症です。妊娠している女性は、女性ホルモンのはたらきが活発になります。女性ホルモンは髪の成長に大きく関係しているので、出産前は抜け毛の量は減ります。

しかし出産を境に女性ホルモンのバランスが変化し、髪が一気に休止期に入ってしまうことで脱毛症状が現れるようになります。

授乳を終えるころには脱毛症状が回復することが多く、ヘアサイクルが元通りになることで自然に回復していきます。たいていは出産から6ヶ月~1年ほどで回復しますが、回復のスピードは個人差もあります。産後のストレスと重なると円形脱毛症を起こすこともあるので、深く考えすぎてしまうのは禁物です。

皮脂の過剰な分泌による脂漏性脱毛症

皮脂が過剰に分泌されることで抜け毛を起こすのが、脂漏性脱毛症になります。「脂漏性皮膚炎」の悪化により頭皮に炎症を起こしたり、脱毛症状が現れます。皮脂が毛穴につまっているのが見てわかり、毛穴の奥まで炎症がひろがるので頭皮が赤くなるのが特徴です。

脂漏性脱毛症の治療は、まず毛穴に起こる炎症をしずめることが必要です。脱毛が目立つからといって炎症をしずめないまま育毛剤を使用すると、それが頭皮への刺激となりさらに悪化することがあります。適切な治療を行い、脱毛症状を改善するためにもまずは専門医にご相談ください。

お薬の影響による薬剤性脱毛症

お薬が原因のために脱毛症状が起こるのが、薬剤性脱毛症です。「成長期脱毛」と「休止期脱毛」にわけることができ、いずれもお薬の服用中止後に脱毛症状は回復していきます。ただしお薬の種類によっては、長期にわたり脱毛症状が続くこともあります。脱毛症状を起こしやすいお薬の種類はたくさんあるので、専門医にご相談することがお勧めです。

女性の薄毛に多い原因

女性の薄毛に多い原因

女性の薄毛の原因として多いとされるのが、下記の4つのことです。

  • 血流不足
  • 加齢
  • ホルモンバランスの変化
  • ストレス

年齢によっても原因は異なり、これら以外のことが原因になることもあります。女性の薄毛は年代によっても原因が異なり、原因が異なれば薄毛治療の方法も異なります。

血流不足

1本1本の髪は血液を通して栄養や酸素を補給し、毛髪をつくる細胞が活発になることで成長します。

血液(栄養・酸素) → 毛乳頭がキャッチ → 毛母細胞が活発に分裂 → 髪が成長する

このように髪が成長するために、血流は重要な役目があります。そのため血流不足になると、十分な栄養を頭皮に送ることが難しくなります。すると髪1本1本がやせ細ってしまったり、薄毛や抜け毛といった脱毛症を起こすようになります。

加齢

髪1本の密度や太さのピークは、一定の年齢で迎えます。

密度のピーク 20歳
太さのピーク 35歳

ピークが過ぎると、30代後半頃から"髪のうねり"も見られるようになります。そして40代前後で髪の衰えを感じ、ハリやコシ、白髪、そして薄毛や抜け毛といった脱毛症状を起こすようになります。

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。

  • 卵胞ホルモン … エストロゲン
  • 黄体ホルモン … プロゲステロン

これらのホルモンが一定の周期で増えたり減ったりすることで、女性のからだを守ってくれます。そして卵胞ホルモンであるエストロゲンは、髪の成長と大きな関わりがあります。

  • 髪を成長させる
  • 髪の成長期間を伸ばす
  • 髪のボリュームを保つ

エストロゲンがよく分泌されれば、髪は健康になります。

しかし女性のからだは、とてもデリケートです。環境が変化したり、ストレスを感じるとホルモンバランスは崩れやすくなります。また30代の半ば頃からエストロゲンの分泌は減っていく一方です。すると髪が十分に成長することが難しくなり、薄毛や抜け毛などの髪の悩みを抱える女性が増加していきます。

ストレス

ストレスがかかり過ぎてしまうと、自律神経やホルモンのバランスが乱れます。自律神経の乱れは血管を収縮させてしまい、血行を悪くします。

ストレス → 自律神経の乱れ → 血管が収縮 → 血行不良

血行が悪くなれば、前述したように髪が栄養不足になるので薄毛や脱毛の原因になってしまいます。またストレスによって女性ホルモンのバランスが変化すると、同じように薄毛や脱毛の原因になります。

他にも薄毛になったことが過剰なストレスになってしまい、脱毛症状を長引かせる原因になることもあります。

女性の薄毛治療

女性の薄毛に多い原因

女性の薄毛は自然に治るものから、薄毛治療を必要とするケースもあります。男性の薄毛治療は、選択肢が豊富です。

など

男性は選択肢が多いので、積極的な薄毛治療が可能になっています。

一方の女性は、男性と同じ薄毛治療薬は使用できないものがあります。プロペシアやザガーロといった飲み薬は男性ホルモンに影響することから、妊娠適齢期の女性が服用することはできません。唯一ミノキシジルだけは使用することができ、男性は5%ですが女性は1%の濃度で薄毛治療に取り入れることができます。

女性の薄毛や抜け毛の原因はさまざまあります。専門の医療機関でまずは頭皮の状態をチェックし、そこから治療を受けることが安全かつ効果的な治療につながります。

最後に

最後に

年齢にかかわらず、薄毛や抜け毛の悩みを相談される方は年々増加しています。 男性のAGA(男性型脱毛症)の治療をする病院やクリニックは増えていますが、女性の薄毛治療を専門的に行う医療機関は少ないのが現状です。

一般の病院(皮膚科など)での女性の薄毛治療は難しいケースもあり、女性ならではの薄毛の原因もいくつもあります。 無料カウンセリングも行っていますので、1人で髪の悩みを抱え込まず小さなことでも気になったらまずは専門医にご相談ください。

AGA・薄毛について

カウンセリング予約